2017年11月06日

2017/11/4 定例稽古―久しぶりの大人数―

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
この週末に沖縄拳法の定例稽古がございましたので、
その様子をお伝えいたします。
この日の参加者は私の他袖山稽古会長も参加し、更に一般会員2名、
札幌医大古伝武術研究会の学生5名、古武研のOB2名、体験参加者1名の
計12名での稽古となりました。


〇稽古内容
ナイハンチ立ち移動
セイサン立ち移動
押し合い(強・柔)
背中の鍛え3種
求心力の投げ(基本〜応用)
遠心力の投げ(基本〜応用)
橋掛け投げ
ナイハンチ初段


体験参加の方は空手経験者と言うこともあり、
さほど細かく説明しなくても事情を飲み込んでくださる、と言うか、
わかって下さったのでサクサクと稽古を進めることができました。

この日は体験者がいることと、古武研のOBも参加したので、
基本的な投げの稽古を行うことにしました。
はじめは基本通りの求心力投げ、遠心力投げを。
沖縄拳法の原理原則であり、かつ初めに稽古する内容と言うこともあり、
技のかかりが身も蓋もなく、最近めきめきと体幹が強くなっている皆も
ぽいぽいと投げることができます^^;
まずはここをしっかり稽古することから始めて原理原則を理解できれば、
沖縄拳法の稽古で練習していく様々な投げや捕手も
より深い理解が得られると思います。
私自身も改めて原理を再確認することができて良い稽古でした。

基本通りの投げを一通り稽古してもらい、
そこから少しずつ応用的な投げに進んでいきます。
やっていることは一緒、求心力や遠心力をしっかりと作って投げますが、
見かけの形が少しずつ変わって行ったり、
手がかりが少なくなっていくので、難しくなるかもしれません。

最後にここまでやってきた技を効果的に行うには、
沖縄拳法の身体を作ることが不可欠で、
そのためにはナイハンチを稽古することが大切、と
ナイハンチ初段をみんなで行って終了です。

稽古後に体験者のKさんにお話を伺うと、
「型は実際使えるのか」と言う問いへの答えを探して
沖縄拳法に見学にいらしたとか。
沖縄拳法には型を稽古するとそのまま強くなるための理論と方法があります。
もちろん型をそのまま使うこともできますし、
型が教えてくれることを使って戦うこともできます。
空手を空手独特の方法で稽古し、上達し、強くなれる。
それが沖縄拳法の魅力の一つだと思います。
Kさんにもそのことが少しでも伝わっていたら幸いです。
posted by タキ at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

2017/10/28 定例稽古―初の組手稽古

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
この週末に札幌稽古会の定例稽古がございましたので、
その様子をご報告致します。
この日の参加者は私の他一般会員の伊藤、小川、体験のCさん、
札幌医大古伝武術研究会の学生2名の計6名での稽古となりました。


〇稽古内容
ナイハンチ移動
セイサン移動
押し合い(強・柔)
背中の鍛え三種
三種の受け
沖拳ストレッチ各種
大きいナイハンチ突き〜型どおりナイハンチ突き
コツコツミット
インローワンツー(単独)
インローワンツー
前手抑え〜逆突き
インローワンツー×中段蹴り返し
ナイハンチ初段


これまで沖縄拳法では会員の皆さんの組手稽古は禁じられておりましたが、
この度ついに会員さん達にも組手稽古への取り組みが許可されましたので、
せっかく解禁になった事ですし、札幌稽古会でも取り入れていこうと思い、
本日初めて「沖縄拳法の組手を身に着けるための稽古」に取り組みました。
といっても実は本格的に組手の稽古を2時間の定例稽古の中で行うのは初めて。
これまで取り組んできた稽古と組手や実際の戦いがどのようにつながっているかを
会員さんたちにも感じてもらえるような組み立てで行いたいと思いました。

空手を愛好されている多くの方がもしかしたら感じているかもしれない疑問として、
「基本や型の稽古は組手や実際の戦いの中で使えるのか」と言うものがあると思います。
かくいう私も、元々学生時代に取り組んでいた空手では基本と組手の稽古が乖離しており、
組手の稽古になると組手用の練習ばかりしており、次第に型の稽古がおろそかになっていました。
しかし沖縄拳法には基本の稽古から型、対練、約束組手、自由組手と、
論理的に整合性のある一貫した稽古法によって、
システマティックに沖縄拳法の戦いを身に着ける為の方法論があります。
単に組手の練習、で終わってしまうのではなく、そのように
「基本があるから型がある、型があるから対練がある、対練があるから戦いがある」
とそれぞれの稽古が有機的に関連している事を感じてもらいたかったのです。

なの、でまずはいつも通りの移動や押し合い、背中の鍛えなどを少し早足で取り組みました。
それから三種の受けも行いました。
この辺までの基礎鍛錬、対人稽古が実際には戦いの中でとても役に立つと思っているからです。

いつもの稽古を一通り行った後は、沖縄拳法で行うストレッチに取り組み、
続けて突きの威力に関する基礎を確認。
沖縄拳法の強烈な打撃は、遠心力と回転運動がその威力の源です。
長い年月をかけてナイハンチを型どおりに鍛錬すれば自然と身につく力学なのですが、
山城先生が速習のために考えて下さった様々な稽古法がありますので、
それを使ってナイハンチの突きの術理を体感し、
次第に型どおりのナイハンチ突きにする稽古を行いました。
続いてコツコツミット。
突きはその場で威力のある突きが出せても動きの中で繰り出せなければ意味がありません。
練り上げた強大な威力を相手に効果的に運び、伝えるために、コツコツミットで
重心の移動と全身のまとまりを体感してもらいます。
普段の移動稽古や強い押し合いがしっかり稽古できていると、
スムーズに重心を伝えて移動することができます。

530869327.253321.JPG

いよいよ組手稽古に入っていきますが、いきなり自由に殴り合ってください、と言っても
打撃格闘技の経験がない方々にはとても難しい話だと思いますので、
約束組手に取り組んでいただきました。
これも山城先生が現代の戦いに合わせて必要な動きを整理してまとめて下さったものがあるので、
それを会員の皆さんにも共有していきます。
一番初めに取り組むのはインローワンツーです。
下段回し蹴りからワンツーを行うのですが、まずは単独で動作を確認して頂きました。
相手に悟られないように蹴りに入っていくためには、ナイハンチ移動とセイサン移動が
しっかり身についていて、それを蹴りのための移動として利用できなければなりません。
詳細は省きますが、普段の移動稽古とインローの動きがどのように関連しているか、
実際にお見せしながらご説明いたしました。

そしていよいよ約束組手。
本日はインローワンツーの応酬と、相手の前手を抑えながら突きで入っていく動作を
約束組手にて行いました。
殴ったり蹴ったりをイメージしてやるのではなく、いかに普段の稽古を踏まえて正確に動きを身につけられるかを意識することが大切だと思います。
三種の受けなど、相手と力がぶつかるところを予測する稽古が活きて来ると感じます。
また相手との接触には柔らかい押し合いの感覚も必要だと思います。
始めは片方がインローワンツーを繰り出し、相手はそれを受けるだけにし、
後半では相手のインローワンツーを捌いた後、返しで中段回し蹴りを行う形で練習しました。
また、前手を抑えながら突く稽古は、本当は行うつもりはなかったのですが、
私個人が試合や組手の中で良く使う得意な形であり、また沖縄拳法の夫婦手の概念を
組手の練習の中で理解するにはとても良いのでは、と思い、
実験的に行ってみました。
これはナイハンチの受けから肘打ちや、下段払いから逆突き、
諸手での突きなどをしっかりと鍛錬していれば、
相手の突きや、構えている前手を触る動きで相手を崩すことができ、
間を開けずにこちらが攻撃に転じられるので、
文字通り「型どおり戦う」事ができると思っています。

最後にナイハンチ初段を行なって、いつもより1時間長くなってしまった稽古を終了しました。
今回は初めての取り組みだったこともあって、
どのように稽古を進めれば、会員さんたちに沖縄拳法の基礎と戦いの理合をお伝えできるか
考えながら取り組んでいたら2時間の稽古が3時間になってしまいました。
人間の集中力にも限界がありますので、
今後は稽古の内容もさらに磨きをかけ、2時間の稽古で取り組める内容にできるよう、
私も努力したいと考えております。

本日の稽古は実験的な内容となりました。
posted by タキ at 09:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

2017/10/14〜16 山城先生来札!!

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
この週末に沖縄拳法空手道沖拳会師範の山城美智先生が札幌にいらっしゃり、
弟子会員向けの稽古と一般体験者向けセミナーを開催してくださいました。
その一部をご報告致します。

山城先生は本当なら今年5月にご来札下さり、
一般体験者向けセミナーを開催して下さる予定でしたが、
不意の大病で入院を余儀なくされまして、
退院後の回復やリハビリを経てようやくこの度ご来札下さることとなりました。
私自身、先生の体調や忙しさのことを考えれば
年内はお会いできなくても仕方ないと思っておりましたが、
先生のご厚意でこんなに早く先生にお会いできるチャンスに恵まれました。

10月14日(土)
11時半頃に札幌稽古会所属、青森の八嶋さんがご来札され、そのお迎えに札幌駅へ。
札幌稽古会の川合さんと2人でお迎えに上がったはずが、
偶然にも翌日の稽古のために上幌した米田と按田に遭遇^^;
札幌稽古会の求心力、凄いwww
8848EC91-494E-4518-8391-5D87CB9C1F03.jpg
八嶋さん、川合さんのお二人と食事、その後空いた時間でプチ稽古を行い、
16時に新千歳空港に到着される山城先生をお迎えに。
新千歳空港の駐車場がまさかの大混雑で、今回は到着ロビーに直接横付け。
久しぶりにお会いした先生は以前よりも凄味、というか、迫力が増しておられました^^;
先生を札幌までお連れする道中、この後の予定についてご相談させていただき、
急遽弟子稽古を行っていただけることに。
袖山稽古会長も合流し、4人で先生の稽古を受けさせていただきました。
最初にナイハンチとセイサンを確認して頂き、
細かい注意点を微調整して頂いた後、今回は新たな捕手を行いました。
山城先生は「病気をする前よりも150%くらい強くなっていると思う」と話されw、
捕手のキレがすごすぎて受け身がとれない^^;
全員繰り返し先生に技をかけていただきながら捕手を練習しました!
大切なことはやはり橋を架けること、接点の圧力を変えないこと、重心が移動すること。
沖縄拳法の稽古で口を酸っぱくして言われる事を
いかにしっかり理解し、体得できているか、またそれを状況に応じて
自由に体現できるか、と言うことがとても重要だと思いました。
勢い余ってか先生の口からかなりきわどい秘伝(と思しきこと)も飛び出します^^;
我々が先生から教わっている沖縄拳法と言う武術は、
本当に奥が深く、生涯かけて学ぶに余りある宝物であると感じました。
そしてこの日は札幌稽古会会員の川合さんが先生に弟子入りを申し込み、
晴れて弟子入りを許可されました!
これからは青森の八嶋さんや世話人の大野さんに加え、川合さんも弟子として
札幌稽古会を支えて下さることと思います!
川合さん、これからもよろしくお願い致します!
98233626-5010-4FC7-BA22-3CE39CEA8DD3.jpg

10月15日(日)
午前中は昇級審査と会員稽古。
私は実は諸般の事情により参加できなくなる恐れもありましたので、
前日に昇級審査を受けていたのですが、
その他受審する弟子会員さんたちの審査を始めに行いました。
皆さん緊張されている様子でしたが、
日頃の稽古の成果を十分に発揮し、先生に評価して頂けたようです。
その後は会員稽古。
会員稽古も昨日の弟子稽古で取り組んだ捕手の稽古になりました。
1E1C85A8-CBCB-4F03-A87E-A0CA42F99C45.jpg

午後からは一般体験者向けセミナー。
一般体験者は5名。
山城先生が沖縄拳法の成り立ちからご説明下さり、
ナイハンチ立ち移動、セイサン立ち移動から教えて下さいました。
我々弟子会員も改めて基本を一から先生に教えていただくことができる機会は
そうないので、貴重な経験だったと思います。
体験参加の皆さんも空手経験者が多かったのですが、
沖縄拳法の基礎鍛錬や技の稽古は他の空手流派と比べても
独特のものが多いですので、慣れない動きに苦戦されている様子も見られつつも
一生懸命取り組まれている様子でした!

1時間半のセミナーはあっという間に終わり、体験者の皆様にもご満足いただけたようでした。


10月16日(月)
最終日は13時の飛行機でお帰りになられる先生を
支笏湖にお連れし、温泉で疲れを癒していただけました。
FD16C4C7-2F62-4818-B868-2303DAF6E2B9.jpg

次に先生とお会いできるのは来年になると思います。
私も今回の審査で昇級し、次回審査に挑戦する際は
沖縄拳法の初段取得がかかっています。
また先生とお会いできる日まで、今回お教えいただいたことを繰り返し鍛錬して
自分のものにし、稽古を積み上げて上達を目指したいと思います。

最後になりましたが、ご病気や多忙の中お越しくださいました山城先生、
運営のために力を合わせてくれた弟子の皆さん、
審査や稽古に参加してくれた会員の皆さん、
一般セミナーに参加して下さった参加者の皆様、
本当にありがとうございました!
posted by タキ at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

2017/10/7 定例稽古

沖拳会札幌の本田です。
この週末に沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がございましたのでご報告致します。
この日の参加者は私のほか、市外から川合、忠鉢、按田が参加、それに伊藤と札幌医大古伝武術研究会の学生1名の計6名での稽古となりました。

◯稽古内容
ナイハンチ立ち移動
セイサン立ち移動
押し合い(強)
押し合い(柔)
背中の鍛え三種
捕手各種

*稽古終了後
ピンアン五段

F72E6E35-2448-46AC-8396-C3BBE9513DD9.jpg

ナイハンチ移動の稽古で学生から「移動が上手くできない」とぼんやりした質問を受けましてw、
具体的に何が上手くできないのか尋ねると、「どうしても移動するときに引きつける足で地面を蹴ってしまう」とのこと。
なので今日は移動する側の肩を抑えて圧力をかけ、その上で移動する稽古を行ってみました。
こうするとたしかに地面を蹴っては移動できなくなるので、明確な重心移動を要求されます。
学生の移動を確認してみると、学生はたしかに地面を蹴っているのですが、それ以前に移動を開始した際下半身は重心を移動させようとするものの、圧力に押し負けて肩が持ち上がり、下半身だけ移動しているような感じになっていました。
これはおそらく全身のまとまりがまだしっかりと作られていないために体幹部で体が撓んでしまっているせいではないかと思います。
なので、意識して移動する側の肩甲骨を下制するようなイメージを意識してもらい、肩甲骨の動きに合わせて脇腹が緊張するように移動してもらいました。
本来は移動稽古、型稽古を繰り返し行い、全身のまとまりが育てられてくれば、意識せずとも撓まず移動できるのだと思いますが、まだ出来ない人のためのイメージ作りも大切かもしれないなーと思いました。

捕手は前回の稽古の終わりに私が稽古していた捕手をみんなでやることに。
捕手は沖縄拳法の理合を稽古するためにすごく大切な稽古だと思いますので、時間をかけてじっくり取り組みました!


そして今週末はいよいよ沖縄拳法の一般体験者向けセミナーが開催されます!
山城美智師範による会員でない方向けのセミナーはあまり多い機会ではありませんので、沖縄拳法や山城先生に興味がおありの方は是非奮ってご参加下さい!
A4962C31-0745-43CE-8C24-1B51F2CF9F0E.jpg
posted by タキ at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

2017/9/30 定例稽古−久しぶりの会員さん多数−

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
この週末に沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がございましたので、その様子をご報告致します。
この日の参加者は私のほか市外から会員の川合、菊川、澁谷の3名、会員の小川、伊藤、札幌医大古武研の学生一名、澁谷の友人で体験参加のCさんの計8名での稽古となりました。久しぶりに参加者が多かったので賑やかな稽古になりました!

261D5171-D460-4469-9951-9C870D0B4633.jpg

◯稽古内容
ナイハンチ移動
セイサン移動
押し合い(強)
押し合い(柔)
ピンアン初段分解稽古
ピンアン初段型


最近個人的にもピンアンにハマっておりまして、この日の稽古は基本を一通り行った後ピンアン初段の練習にみんなで取り組みました。

ピンアンは一般的な空手流派では初段を取るまでに習う、いわば初心者用の型と認識されていると思いますが、沖縄拳法ではむしろ初段以降に稽古されます。
沖縄拳法では初段まではナイハンチとセイサンで稽古を行い、沖縄拳法に必要な身体のありようを身につけます。
ピンアンは「基本が一通りできている」という前提のもと、実際的な攻防を学ぶために稽古するものだそうです。
我々札幌稽古会にはまだ黒帯はおりませんが、先生は「公開しているものは稽古しろという意味」と仰っておりますので、みんなで稽古したわけです。

型の中の攻防はその流派の考え方や戦い方の見本、と考えて良いと思いますので、沖縄拳法が戦いをどういうものと考えているのかを感じながら稽古することが大切だ思います。

みっちり2時間、楽しく稽古しました!


そして再来週末、10月15日(日)は山城先生によります沖縄拳法一般体験者向けセミナーを開催いたします!
まだ参加枠には余裕がございますので沖縄拳法や山城先生の技に興味をお持ちの方がおりましたら、是非とも奮ってご参加下さい!
詳細は下記の通り。

18A53C6E-A18F-4E52-A565-332CDF12AD15.jpg
posted by タキ at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。