2017年02月13日

2017/2/11 定例稽古 見学者一名参加

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
この週末に沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がございましたので
その内容をご報告致します。
参加者は私と休日で同行した私の妻の他、
一般会員の忠鉢、小川、札幌医大古伝武術研究会の学生1名、
小川君の知り合いで見学のMさんの計6名で行いました。

16708171_1283248698434532_1907094371459905975_n.jpg

〇稽古内容
ナイハンチ立ち移動
セイサン立ち移動
押し合い(強)
押し合い(柔)
背中の鍛え三種
求心力の投げ
遠心力の投げ
橋架け投げ
ナイハンチ初段型


見学の方がいる、ということもありましたが、
ここのところちょっと目先を変えた練習が多かったように思いますので、
この日は沖縄拳法、特に札幌稽古会では定番になっている稽古を
一通り通して行いました。
個人的な話ですが、タイムマネジメントもとてもうまくいきまして、
2時間をちょうど使い切って行うことができました^^;

はじめにナイハンチとセイサンの移動について説明。
ここは沖縄拳法を紹介するうえで絶対に外せませんw
沖縄拳法の技を可能にする強い姿勢、まとまった身体を手に入れるために
必要なもっとも基礎的な稽古が立ち方と移動の稽古。
ここを疎かにするとその後の稽古がうまく積みあがってくれない
と私は思っています。
なぜナイハンチ立ちなのか、ナイハンチ立ちは何を注意し、
何を身につけなければいけないのか、セイサン立ちではどうか、
など、今の私にお話しできることを何とかお伝えできていればいいのですが^^;

続いて押し合い。
押し合いは決して力尽くで行う稽古ではありません。
強い姿勢、まとまった重心をどのようにロスなく相手に伝えるか、
かけられた力をどう受け止めれば負けないで受けられるか、
相手の重心をどのように扱えば相手の重心を根こそぎ奪い取れるか、
そういったことが押し合いの中で稽古することができます。
柔らかい押し合いでは強い押し合いと同じことを
小さな力の影響でも行うことができるとともに、
自分の重さを効かせることのできる最大の範囲を学ぶためによい稽古法です。
会員の小川君、押し合いうまくなっています。
僕とは体重差で30s以上あると思いますが、しっかり重さを伝えてきてくれます。
僕のような比較的大きな体つきの人が言うと説得力ありませんwが、
沖縄拳法は力ではないのです^^;

さらに背中の鍛え。
手先まで自分の重さを効かせるためにしっかり手と体幹を繋げます。
左右に行う鍛えの時、開いた腕を前に伸ばすとき、
単に伸ばすというより突きを意識するというか、
ねじりの意識を持つとよりしっかりと相手に自分の重さを伝えられると思います。
上下に行う鍛えはやはりあちらこちらから悲鳴が^^;
しっかり手の中の遊びを取って、ダイレクトに重さが伝わっていくように。
あとは握りこむときの力の集中を意識できるとさらに良いと思います。
会員さんたちは最初に手の中が遊ばないようにしっかり握るところで
結構困っている様子。

今日は沖縄拳法の投げの原理3種。
まずは求心力。
近づきあう力が相手を崩し、投げにつながります。
はじめは相撲のように四つに組んで、一歩踏み込んで投げる形。
今回はそこから、相手とお互いに腕をつかみ合った姿勢から
同じように求心力を作って投げる方法を行いました。
四つに組んで投げるよりも相手との接触点が少なくなるため、
コントロールが難しくなりますが、慌ててやってしまわず
ゆっくり精密に力を感じながら取り組んでもらいました。
その後さらに手刀投げに。
肩口に袈裟懸けに手刀を切り下ろす動作で投げを打ちます。
ここまでくると求心力なのかどうか、という感じですが^^;
やっていること、原理は一緒。
ただ接触点の取り方が変わるので、
相手の重心にどう作用させるかが少しずつ変わっていくと思います。

次は遠心力投げ。
こちらは腕を組み合った姿勢から遠心力を発生させて投げます。
我々が一番初めに山城先生から教わった遠心力投げではありませんが、
会員稽古の時にお教えいただいた形の投げです。
求心力の時と比べて、近づいた相手とはなれ合う力を体感するのが
皆少し難しい様子。
でも自分と相手がつながっていて、相手に近づいてから
離れると、相手も遠ざかっていくんです。
近づいたものが離れ合う力を崩れに用い、回転の方向と角度を作って
投げに持っていきます。
僭越ながら私が一度会員さんを投げさせていただき、
その感覚を頼りに練習してもらいました。

16708380_1283248708434531_8129141728798551611_n.jpg

最後は橋架け投げ。
求心力とも遠心力とも言えるし、そうでないとも言えるというか・・・^^;
相手と自分が作った接触点は変えず、
自分と相手の間にかかった橋の袂を崩して投げます。
JKfanなどに掲載されている山城先生の記事を読んでいただければわかりますが、
人は接触を持っているとき、目で見ているよりも皮膚の情報を優先してしまうそうです。
だから、視覚の上では変化していても、接触している点が変わらないと
相手はなかなか動きの変化を認識できないとのこと。
接触点を変えないことで動いていることを相手に悟らせずに
相手の重心を奪って投げを打ちます。
これも橋をかけている接触点の感覚を理解してもらうのに
少し時間をかけてゆっくりお伝えしました。

最後はそういう技を行うための体をどう養ったらいいかというと、
型を稽古すればいいんですよ、ということで
ナイハンチ初段をみんなで取り組みました。
見学の方にはやや情報量的に飽和気味の稽古だったかもしれませんが、
沖縄拳法札幌稽古会の稽古を一通り見てもらえたのではないかと思います。

札幌稽古会のホームページです。
http://okikensapporo.web.fc2.com/

体験参加・見学いつでも大歓迎です。
お問い合わせは okiken.sapporo△gmail.com
(※ △を@に変えたアドレス)まで!
posted by タキ at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

2016/1/28 定例稽古「ナイハンチの分解」

札幌稽古会の本田です。
この週末に沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がありましたので、
その内容をご報告致します。
この日の参加者は私の他一般会員の忠鉢、小川、
札幌医科大学古伝武術研究会の学生2名+後半1名、
さらに沖拳札幌の会員で現在は道北で働いている菊川も駆けつけてくれ、
全部で7名での稽古となりました。
稽古内容は以下。


〇稽古内容
ナイハンチ立ち移動
セイサン立ち移動
押し合い(強)
背中の鍛え三種
三種の受け
ナイハンチ初段分解
ナイハンチ初段型


まずは基本の立ち移動、これは沖拳の稽古の肝なので外せません。
全身がまとまって移動できるように。
まとまることと移動することの両方を同時に行えるようにするには
どこはまとまっていてどこは動かしていいのかを考えて
稽古しなければなりません。
押し合いではそのまとまって移動できる身体を相手に作用させる。
背中の鍛えは動きの中でのまとまり、連動を練る。
基本の稽古は沖縄拳法を稽古していくうえで非常に重要な
「沖縄拳法の身体を身に着ける」ための鍛錬です。

この日は会員さんと稽古前に話していて、
「約束組手がやりたい」とのリクエストがあったため、
以前山城先生が来札された際に弟子稽古で取り組んだ
ナイハンチの分解を行いました。
これは弟子稽古で行いましたが会員にも共有してよいとのことだったので、
普段の定例稽古でも実施していきます。

その前にまず三種の受け。
相手と自分がどこでぶつかるか、どう力が作用しあうかを学ぶには
まずは三種の受けで近・中・遠の三つの距離での
衝突を研究することが必要です。
また、うまく体がまとまらずにぶつかると当たり負けするし
何より痛いです^^;

三種の受けを行った後はいよいよナイハンチの分解です。

はじめは横への受けから肘打ち。
誘いをかけて一拍子で受けに入り、型通りの運足で
相手に位置取りすると、相手の間近に接近できるので、
ここで相手を崩しながら肘打ちをかけます。
型どおりだと足を引っかけることはできないので、
受けた手を引き戻して肘に打ち付ける動作の部分だけで
相手を崩しますが、
場所取りがしっかり行えていれば普段の求心力の投げのような具合で
相手を崩すことができるので、十分に攻撃を聞かせることができます。

16266324_1269767056449363_8503118013645135170_n.jpg

続いて下段払いから突き。
ここは沖縄拳法が世間に驚かれた、「横への突きが最強の突き」というところ^^;
かつ沖縄拳法の戦いの思想もよく表れていると感じます。
まずはしっかり誘ってしっかり受ける、しっかり突くところを確実にやってもらいます。

16265204_1269767053116030_72031348308064691_n.jpg

そのうえで、以前ナイハンチセミナーの中で紹介されていた分解も一緒に稽古。
三種の受けの応用で、ぶつかる予測を覆して入る。
山城先生が良くセミナーなどで紹介している、
「ボールを突かせて後ろに投げる」崩しを小さくすると個々の分解になります。
相手が拳一つ分前に崩れているので、その後の下段払いで相手を倒すことができます。

16299224_1269767049782697_7490394714766893954_n.jpg

続いて腕受け→上下受け→裏拳のところ。
ここは受けを行う方は型どおり動いているだけなのに、
受けられている方は飛び上がるくらい痛いというところ^^;
型どおり、ということは体がまとまっていて腋がしまっていて
手先の動きで重さがまとまって動くことが大切です。

次は波返しから左右の受け。
夫婦手の重さをしっかり生かせるように。
はじめは型どおり腕受けの肘の下にもう一方の腕を添える。
続けて型どおりでなくても両腕の重さが作用すれば
しっかり大きな力を生み出すことができる。
最後にそれって結局背中の鍛えだよねーと
受けながら攻撃にも転じられる。
3段階で波返しから腕受けの部分の分解を行ってもらいました。

最後は両手での攻撃。
相手が誘いに乗った場合、体当たり気味に突っ込んできた場合、
誘いに乗らなかった場合など様々な場合でも、
型どおり動けば何にも関係ないし結果相手を倒せますよ、という
ある意味非常に身もふたもないところwww
うっかり当たると威力が出すぎるところでもあるので
けががないように気を付けて取り組みました^^;

最後は型を通して行ってこの日の稽古は終了です。
沖縄拳法の稽古は型をどう使うかということはどちらかと言えば
あとでやればいいかな、というくらいで
むしろいかに非日常の身体を作り上げるか、というところが
大切だと思いますが、作り上げた身体をどう相手に作用させるかも
やっぱり型で稽古できるというのが、空手らしくて私はとても好きです。

札幌稽古会のホームページです。
http://okikensapporo.web.fc2.com/

体験参加・見学いつでも大歓迎です。
お問い合わせは okiken.sapporo△gmail.com
(※ △を@に変えたアドレス)まで!
posted by タキ at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

2017/1/14 定例稽古

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
この週末に沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がございましたのでご報告致します。
この日の参加者は稽古開始1時間半前から私と会員の澁谷が、一時間前に袖山稽古会長が、稽古時間までに会員の忠鉢、小川、小川さんの友人で体験のKさんが現れ、計6名での稽古となりました。


〇稽古開始一時間半前からの稽古
ナイハンチ移動
ナイハンチ二段


会員の澁谷は現在とある事情で札幌にいるので、札幌での残り少ない期間の間に可能な限り稽古をしたい様子。
本日は前回の稽古の時、特に興味を持って取り組んでいたナイハンチ二段とピンアン三段を稽古したい、と言うことだったので、ナイハンチ二段から。
その前に澁谷から「どうも他の会員と比べてナイハンチ移動が遅い気がする。」との訴え。
以前から澁谷はナイハンチ移動の足交差の際、腰が回転してしまって安定が崩れてしまうところがあったので、前回に引き続き今回もそれを修正することについてアドバイス。
ナイハンチ移動には本当に多くの気づきと鍛錬すべきことが詰まっていますが、今回は足交差時の両脚の間での重心移動について。
山城先生はナイハンチ移動の重心移動について「ボーリングの球が転がるように。」と仰いますが、これは私は比喩でもなんでもなく本当に体の中に円軌道で転がる力の流れを作ることが大切だと思います。
足交差の時は両脚の裏でボールを作り、それを転がして左右の足の指一本ずつから順番に重心を移動していく気持ちで行うといい感じになることを伝えました。
そんな感じでナイハンチ移動とナイハンチ二段を繰り返していると袖長登場。
膝の張りについて袖長からもアドバイスがあり、3人で確認してみます。
ひとりがナイハンチ立ちして、もう一人がその膝に棒を押し当てて思い切り押します。
ナイハンチ立ちの膝の張りができていると、棒の押しに負けず膝を張っていることができる、という具合です。
普段膝が張れているつもりでも、こうやって確認すると張れているかどうかが一目瞭然です^^;

15978114_1254616867964382_2217120172908626121_n.jpg

〇稽古内容一時間前から弟子稽古
釵と棒の組手
棒の捕手5種
棒と棒の組手
押し合い(強)


ここからは袖長と二人で自主稽古。
ここしばらく武器の稽古をしておりませんでしたので、現在までに山城先生から教えていただいている武器の組稽古を一通りおさらい。
棒と釵の組手は間合いの取り方、変化のさせ方などについて袖長と意見交換しつつ。
獲物の長さ、重心を移動できる範囲などによって、誘うにしても仕掛けるにしても微妙な距離があると思います。
そこをなぁなぁにして何となくやってしまうのではなく、二人で都度動きを止めて距離や角度を考えながら取り組みました。
棒の捕手は袖長が上手(≧▽≦)
本人は「イメージトレーニングですよ◉ω◉」と言っておりますが^^;
私は袖長から「せっかくある重さを使いきれていない」とアドバイスをもらい、一工夫すると動きが良くなりましたw
沖縄拳法は自分の体や武器の重さを本当に効率的に使いますが、これはちゃんと理解していないと新しい動きの時にすぐ重さを利用できなくなって力に頼った動きになってしまいますorz
まだまだ稽古が足りませんね^^;
最後は棒と棒の組手。
劣勢に立たされたところから逆転するための戦術、戦略。
これは正直言うと未だにどうなったら上手にできているのか、という実感が私にはありません^^;
しかしまずは先生からいただいたものを稽古せねば。
今の自分のレベルでは見えなこともありますので、今の自分の力量で「これはどうだ、あれはああだ」と解釈するのではなく、まず稽古を積むこと。

その後忠鉢も来て会員も入れて4人になったので、弟子稽古はそれで終わり。
私と袖山、澁谷と忠鉢で組んで強い押し合いの稽古を行いました。
ちなみにこの時点でまだ稽古開始前です^^;


〇稽古内容
ナイハンチ移動
セイサン移動
押し合い(強)
押し合い(柔)
突きに対する捕手3種
釵の捕手3種
夫婦手の捕手3種
その他山城先生の講習会でお教えいただいた捕手etc
ナイハンチ初段


押し合いは久しぶりに強い押し合いも柔らかい押し合いも総当たりで行いました。
いかに相手と自分の力をつなぐか、いかに相手に自分の重さを伝えられるか、いかに相手に気づかれずに相手を引き出すか、など、強いバージョンも柔らかいバージョンも大切なことがたくさんある沖縄拳法の重要な稽古の一つです。

15978064_1254616881297714_2845318960888470470_n.jpg

捕手ははじめは突きに対するもの。
押し合いにも通じるのですが、相手が予測した場所を覆したり、相手に錯覚させたりして重心を引き出し、捕手を行います。
最初は仮想のボールを突かせて捕るもの。
続いて相手の攻撃に合わせて中心を取って崩してから捕るもの。
入り方に多少違いはありますが、やっていることは同じです。
押し合いや三種の受けをよく稽古していると、だんだんと分かってきます。

15941224_1254616907964378_7830125504601090803_n.jpg

続いて手首を取られたところからの捕手。
相手の力の流れにぶつかったところに橋が架かる感覚ですかね・・・^^;
ちょっと言語化がまだ難しいですが、大きくは動かせなくても少しずつなら相手を動かすことができて、それを繰り返すと最終的に大きく動かせている、という感じでしょうか。
これ、以前は苦手で、他の会員さんたちには問題なかったんですけど、袖長には技がかかりにくかったんですよね^^;
本日の稽古ではすんなりかけることができました。
自主稽古の賜物です◉ω◉

最後は夫婦手の捕手や講習会で先生に見せていただいた捕手を思いつくままに。
沖縄拳法の技は外に現れてくる動きは技によって多少違いはありますが、技の原理は共通しているように思います。
いかに原理を正確に理解し、体で表現できるレベルまで稽古しているかがとにかく大切です。

最後に皆でナイハンチ初段を行っていったん稽古は終了です。

17時に稽古が終わってから1時間くらいはさらに残って自由練習。
私はナイハンチ突きの検証を忠鉢にミットを持ってもらいながら行いました。
フォームが先生のフォームに近づいて来たのでは?と忠鉢からうれしい言葉をいただきました。
でもまだまだです◉ω◉

この日の稽古は全部で4時間半と、さすがに最後の方はへとへとでしたが、その分弟子稽古もできたり基礎からみんなで確認できたりとみっちり稽古に打ち込むことができて良い稽古でした!

札幌稽古会のホームページです。
http://okikensapporo.web.fc2.com/

体験参加・見学いつでも大歓迎です。
お問い合わせは okiken.sapporo△gmail.com
(※ △を@に変えたアドレス)まで!
posted by タキ at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする