2017年11月20日

2017.11.18 定例稽古

沖拳会札幌の本田です。
この週末に沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がございましたので
その様子をお伝えいたします。
この日は私の他、一般会員は市外から古参メンバーも駆けつけてくれて3名、
札幌医大古伝武術研究会の学生が2名の計6名で行いました。


〇稽古内容
押し合い(強)
押し合い(柔)
背中の鍛え3種
求心力の投げ
手刀投げ
遠心力の投げ2種(ピンアン5段分解)


本日は市外から参加してくれた古参の会員さんのリクエストで投げを。
その前に前半は押し合いや背中の鍛えをしっかり。
私は市外から参加の会員さんと組みました。
本人はなかなか稽古する時間が取れない、と言っていましたが、
中々強くて重さのある、良い押しで入ってきます。
しかもしっかり崩してから中心を取りに来る^^;
でも私もまだまだ押されてあげるわけにはいきませんwww
押し合いは単純な稽古ですが沖縄拳法にとって極めて重要な要素が
たくさん含まれていると感じます。
いつもやっているからと気を抜かずしっかり取り組みました。
背中の鍛えも同じ会員さんと。
力いっぱいめいっぱいやりますが、守るべき要訣はしっかり守って。
こちらも単純そうに見えますが欠かすことのできない大切な鍛錬です。

後半は求心と遠心の投げ。
捕手ももちろん大切ですが、やっぱり基本中の基本であるこの辺の投げをしっかり理解しておけば、その先の技の稽古にもちゃんと活きてくるので、じっくり取り組みます。
私が最近自分で稽古していて、ナイハンチ移動がそのまま求心力の投げになると感じたので、
そのことを共有。
北海道は地理的に札幌以外の会員さんたちはなかなか毎回稽古に参加できないので、一人稽古でも対練や投げが上達できる実感を持てることは、稽古を継続するための助けになると思います。
なのでこういう一人稽古と対練を繋げるような説明は結構意識的に伝えています^^;
でもみんな、あんまりナイハンチ移動と求心力の投げのつながりを実感できなかった様子・・・。
ナイハンチ移動もしっかり稽古を繰り返して上達するとまた見えてくるものもあるかな、と思うので、
伝えられることを伝えるまでで私の仕事は終わり。
あとはじっくり稽古や鍛錬の中で見つめていってもらいたいなと思います。

基本の求心力投げを行った後は求心力の応用で手刀で行う投げを。
見た目は肩口に手刀を当てて倒すだけですが、
求心力をしっかり理解していないと腕の力で押すだけになってしまって、
とてもじゃないですが投げることなどできません。
基本の投げよりも接触が少なくなっているので、
会員さんたちもなかなかイメージしづらかったようですが、
じっくり時間をかけて取り組んでもらいました。

求心力の投げで時間を使いすぎてしまいましたが、
最後に残った時間で遠心力の投げを。
今回はピンアン五段に出てくる遠心力の投げに取り組みました。
型のどこからを技ととらえるかによって2種類の入り方を学ぶことができるので、
どちらも行いました。
遠心力は時間が足りなかったのであまりちゃんと行えませんでしたが、
またいずれちゃんと取り組みたいと思います。

札幌稽古会のホームページです。
http://okikensapporo.web.fc2.com/

体験参加・見学いつでも大歓迎です。
お問い合わせは okiken.sapporo△gmail.com
(※ △を@に変えたアドレス)まで!
posted by タキ at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。