2017年11月06日

2017/11/4 定例稽古―久しぶりの大人数―

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
この週末に沖縄拳法の定例稽古がございましたので、
その様子をお伝えいたします。
この日の参加者は私の他袖山稽古会長も参加し、更に一般会員2名、
札幌医大古伝武術研究会の学生5名、古武研のOB2名、体験参加者1名の
計12名での稽古となりました。


〇稽古内容
ナイハンチ立ち移動
セイサン立ち移動
押し合い(強・柔)
背中の鍛え3種
求心力の投げ(基本〜応用)
遠心力の投げ(基本〜応用)
橋掛け投げ
ナイハンチ初段


体験参加の方は空手経験者と言うこともあり、
さほど細かく説明しなくても事情を飲み込んでくださる、と言うか、
わかって下さったのでサクサクと稽古を進めることができました。

この日は体験者がいることと、古武研のOBも参加したので、
基本的な投げの稽古を行うことにしました。
はじめは基本通りの求心力投げ、遠心力投げを。
沖縄拳法の原理原則であり、かつ初めに稽古する内容と言うこともあり、
技のかかりが身も蓋もなく、最近めきめきと体幹が強くなっている皆も
ぽいぽいと投げることができます^^;
まずはここをしっかり稽古することから始めて原理原則を理解できれば、
沖縄拳法の稽古で練習していく様々な投げや捕手も
より深い理解が得られると思います。
私自身も改めて原理を再確認することができて良い稽古でした。

基本通りの投げを一通り稽古してもらい、
そこから少しずつ応用的な投げに進んでいきます。
やっていることは一緒、求心力や遠心力をしっかりと作って投げますが、
見かけの形が少しずつ変わって行ったり、
手がかりが少なくなっていくので、難しくなるかもしれません。

最後にここまでやってきた技を効果的に行うには、
沖縄拳法の身体を作ることが不可欠で、
そのためにはナイハンチを稽古することが大切、と
ナイハンチ初段をみんなで行って終了です。

稽古後に体験者のKさんにお話を伺うと、
「型は実際使えるのか」と言う問いへの答えを探して
沖縄拳法に見学にいらしたとか。
沖縄拳法には型を稽古するとそのまま強くなるための理論と方法があります。
もちろん型をそのまま使うこともできますし、
型が教えてくれることを使って戦うこともできます。
空手を空手独特の方法で稽古し、上達し、強くなれる。
それが沖縄拳法の魅力の一つだと思います。
Kさんにもそのことが少しでも伝わっていたら幸いです。


posted by タキ at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。