2017年10月10日

2017/10/7 定例稽古

沖拳会札幌の本田です。
この週末に沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がございましたのでご報告致します。
この日の参加者は私のほか、市外から川合、忠鉢、按田が参加、それに伊藤と札幌医大古伝武術研究会の学生1名の計6名での稽古となりました。

◯稽古内容
ナイハンチ立ち移動
セイサン立ち移動
押し合い(強)
押し合い(柔)
背中の鍛え三種
捕手各種

*稽古終了後
ピンアン五段

F72E6E35-2448-46AC-8396-C3BBE9513DD9.jpg

ナイハンチ移動の稽古で学生から「移動が上手くできない」とぼんやりした質問を受けましてw、
具体的に何が上手くできないのか尋ねると、「どうしても移動するときに引きつける足で地面を蹴ってしまう」とのこと。
なので今日は移動する側の肩を抑えて圧力をかけ、その上で移動する稽古を行ってみました。
こうするとたしかに地面を蹴っては移動できなくなるので、明確な重心移動を要求されます。
学生の移動を確認してみると、学生はたしかに地面を蹴っているのですが、それ以前に移動を開始した際下半身は重心を移動させようとするものの、圧力に押し負けて肩が持ち上がり、下半身だけ移動しているような感じになっていました。
これはおそらく全身のまとまりがまだしっかりと作られていないために体幹部で体が撓んでしまっているせいではないかと思います。
なので、意識して移動する側の肩甲骨を下制するようなイメージを意識してもらい、肩甲骨の動きに合わせて脇腹が緊張するように移動してもらいました。
本来は移動稽古、型稽古を繰り返し行い、全身のまとまりが育てられてくれば、意識せずとも撓まず移動できるのだと思いますが、まだ出来ない人のためのイメージ作りも大切かもしれないなーと思いました。

捕手は前回の稽古の終わりに私が稽古していた捕手をみんなでやることに。
捕手は沖縄拳法の理合を稽古するためにすごく大切な稽古だと思いますので、時間をかけてじっくり取り組みました!


そして今週末はいよいよ沖縄拳法の一般体験者向けセミナーが開催されます!
山城美智師範による会員でない方向けのセミナーはあまり多い機会ではありませんので、沖縄拳法や山城先生に興味がおありの方は是非奮ってご参加下さい!
A4962C31-0745-43CE-8C24-1B51F2CF9F0E.jpg
posted by タキ at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。