2017年05月24日

2017/520 定例稽古 菊野さんセミナー復習

札幌稽古会の本田です。
この週末沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がございましたので、その様子をご報告致します。
この日の参加者は私の他一般会員の菊川、按田、小川、筑摩、伊藤、札幌医大古伝武術研究会の学生4人の計10名での稽古となりました。


〇稽古内容
ナイハンチ立ち移動
・通常の移動
・腕の重さを使った移動
・腕の振りを使った移動
・ナイハンチ突きを使った移動
・通常の移動
セイサン移動
押し合い(強)
押し合い(柔)
背中の鍛え三種
ナイハンチの構えから米粒取り4種
重心移動を明確にした前蹴り3種
コツコツミット
ナイハンチ初段


今回は先日の菊野さんのセミナーに来ていなかった会員さんたちもおり、
また来ていた会員さんたちの復習もかねて、
いつもの稽古に菊野さんからお教えいただいた内容を加えて行いました。

ナイハンチ移動は初めにいつも札幌稽古会で取り組んでいる
基本のナイハンチ移動を行い、
その後まずは腕の重さが重心移動を作り出す方法で。
次に腕を振り出すことで重さがさらに移動に作用する方法。
続いて背中のつながりを用いてナイハンチ突きで重心移動を作り出すように。
最後に改めていつものナイハンチ移動を行いました。

背中の鍛えも上下の鍛えの取り組み方が札幌で行っている方法とは少し違ったので、
こちらについても説明しながらみんなで取り組みました。
会員さんたちから結構「普段やっているやり方と違いますよね?」と質問されます^^;
沖縄拳法では先生がそれぞれの稽古会に微妙に違う方法を伝えているので、
沖縄拳法の技の全容を知りたければ他稽古会と交流することが必要になります。
菊野さんが先生から伝えられた方法も、菊野さんにお教えいただくことで得ることができたわけです。
なので、「うちと違うから」ではなく「こういう方法もあるんだ」と興味を持って取り組んでもらえるといいですね!

その後は会員稽古でお教えいただいた半身の構えからの動きを皆で復習しました。
菊野さんがセミナーで我々に伝えて下さったことは「体をまとめること」と「手先から動くこと」だと思っております。
この半身の構えからの動きはまさにそれを身に着ける良い練習だと思います。
もちろんこれも沖縄拳法の基本にして奥義、ナイハンチの応用なのだと思いますが
そこから発展し、現代の格闘技向けにカスタマイズされた動きを学ぶことは非常に意義のあることですし、ナイハンチの理合を普段とは違った角度で見つめることもできてとても良い練習だと思います。
皆結構手から動くつもりが体から動いちゃってるので、私も含めて自主稽古を繰り返して上達を目指しましょう!

続いてコツコツミット。
半身の構えからの動きと合わせて稽古することはとても重要だと思います。
コツコツミットは改めてすごい稽古だと思います。
早さもパワーもいらないので年齢も体格差も性別も関係なく稽古できるし、着実に突きの威力はアップします。
皆でじっくり、時間をかけて取り組みました。

IMG_1780.JPG

最後にナイハンチ。
沖縄拳法の大切な要素が集約された型です。
セイサンやピンアン、更に先の型なども含めて沖縄拳法の技術ですが、やはりナイハンチをしっかり身に着けることがまず大切だと思います。


今回は2時間の稽古時間の中で駆け足に取り組みましたが、菊野さんのセミナーに参加できなかった会員の皆さんにも、少しでも共有できていれば幸いです!


札幌稽古会のホームページです。
http://okikensapporo.web.fc2.com/

体験参加・見学いつでも大歓迎です。
お問い合わせは okiken.sapporo△gmail.com
(※ △を@に変えたアドレス)まで!
posted by タキ at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。