2017年05月17日

H29.5.14 菊野克紀選手来札!一般体験者向けセミナー!

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
平成29年5月14日(日)に当流兄弟子の菊野克紀によります沖縄拳法一般体験者向けセミナーと会員稽古がございましたので、その様子をご報告致します。
本来は山城先生がご来札下さり、一般体験者向けセミナーをご開催下さる予定だったのですが、先生が急病のためお越しいただくことができず、セミナー中止の危機だったところを大野統括と菊野選手のお心遣いによって、菊野選手に代理セミナーを開催して頂ける運びとなりました。


〇AM  一般体験者向けセミナー

376582.jpg

参加者は総勢23名となりました!
始めは菊野選手から沖拳の突きの威力を体験してもらうことに^^;
学生や女性参加者も少なくありませんでしたが、菊野選手は5段階に威力を調節して相手に合わせて打ってくださるので、笑い声も聞かれる和やかな雰囲気。

その後菊野選手のご指導でナイハンチ立ち、ナイハンチ立ち移動、ナイハンチの突きの解説と指導が行われました。
菊野選手は各地の学校を回って講演会をされたり先日は勇気の授業なども行われていることもあり、とても情熱の伝わってくる話し方でした。
菊野選手はセミナーの中で「厳密に、厳密に」と何度も口にされ、「初めは全力で、型を自分に沁み込ませることが大切」と仰っておりました。
不必要な力を抜くのはさらにその先の段階、まずは徹底的に拳を握り、思い切り膝を張り、胸を張ってミゾを作り、できる限り遠くまで突くことを意識することが大切です。

後半は菊野選手に質問形式でお伺いすることになりまして、私がお聞きしたことがきっかけで求心力の投げを皆さんと行うことに。
菊野選手はMMAの場で沖縄拳法を武器に戦われており、求心力の投げも「実際の試合でもこう使っています」という形でご指導くださいました。

376583.jpg

2時間のセミナーでしたがあっという間に時間が過ぎてしまいました^^;


〇PM  会員稽古

376579.jpg

午後からは札幌稽古会の弟子会員での稽古でした。
菊野選手から先日の巌流島、ジミーアンブリッツ戦やその前のケヴィンソウザ戦でご自身が取られていた構えについてご指導いただきました。
この構え、まさにナイハンチそのものでした^^;
ナイハンチは沖縄拳法で一番最初に習う型でありながら奥義と言われる型ですが、あんな横にちょっと動くだけの型、と侮るなかれ、極めて実戦的な型であるということが痛切に実感されました。
神の手に関しては今回は会員稽古ということもあり触れられませんでしたが、神の手の前提となる自分から近く、相手から遠い間合いの基本になる構えを丁寧にご指導いただけました。
突きはあくまでも手先から、米粒を取りに行くつもりで。
しっかりとした体つくりと構えの上で、手先から米粒を取りに行くと、まさにナイハンチの型で起きているのと同じ現象が起きます。
これによって相手から察知されにくく、また強大な威力を持つ突きが可能になるのだそうです。
菊野選手から皆に「欲を捨てましょう。無欲で行きましょう」と檄が^^;

続いて蹴りを。
先の構えから突きに行く形とほとんど同じ形から前蹴りにも行くことができます。
これも体がしっかりとまとまって筋でつながっており、手先指先から動くことによって可能になります。
前蹴りでは流派によっては重心の移動が起こらない蹴り方も結構見られる中、沖縄拳法ではやはりしっかりと前蹴りにも重心の移動を伝えます。
段階的に蹴り脚に重心を移動するための方法を教えていただきました。
さらに派生して回し蹴り、横蹴り、後ろ蹴りなどの蹴りについても稽古。
普段の札幌稽古会の稽古ではあまりやらない稽古なので、皆苦戦している様子^^;
ごめんね、皆。私がもっといつもこういう稽古もやればいいのですがorz

最後にコツコツミット。
ここまでの構え、手先から動く、米粒を取りに行く、ということを、実際に相手に当てるところで練習する稽古です。
突く方にも受ける方にも大切な要素がたくさん詰まった稽古だと感じます。
しっかりと相手につなげる、自分の体もしっかりつながっている、ということが大切だと思います。
私について言えば拳の捻りについて菊野選手よりアドバイス。
これは初めて伺う内容だったのでちょっと驚きました。
菊野選手、ありがとうございます!
会員稽古も白熱して長引きまして、結局2時間の予定が3時間近くなってしまいましたが、皆集中して楽しく稽古に取り組めていたように見えました。


稽古の後は懇親会。
菊野選手に北海道名物食の暴力をしっかり体験していただきました!www

18447238_1414368318655902_6800101952611323155_n.jpg

今回は本当に急なところ、菊野選手には快くセミナーを承諾して頂きまして、心から感謝の気持ちでいっぱいです。
また、セミナーを成功させるために支えて下さった、大野統括、袖山稽古会長、八嶋さんら弟子の皆さん、また会場や懇親会で盛り上げ役を買って出てくれた会員の皆さんにも感謝の気持ちをお伝えしたいです。
そしてセミナーに参加してくださった皆さん、自流の技も鍛錬される中で我々沖縄拳法の技術にまで興味を示してくださり、セミナーに足を運んでくださって心から感謝いたします。

皆さま本当にありがとうございました!

そして山城先生、今回は残念ながらお会いできませんでしたが、先生はこれまでとてもお忙しい日々を駆け抜けてこられてきたと思います。
ご病気が早く快癒しますことをお祈りしておりますが、これを機会にまたゆっくりとお休みくださいませ。
そして元気に復活されました時には、また札幌でお会いできることを楽しみにしております!
posted by タキ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。