2016年12月12日

2016/12/10 定例稽古?投げ祭

沖縄拳法札幌稽古会の本田です。
この週末に定例稽古がございましたのでご報告致します。
と言ってもこの日の参加者は稽古開始時点で私の他会員の澁谷だけの計2名w
札幌は12月では14年ぶりの真冬日だそうで、道民の我々ですら
「いつまでふるんじゃ!」と思わず突っ込みたくなるほどの雪でしたから、
そのせいもあってほとんど人が来なかったんだろうと思います^^;
1時間ほどして会員の菊川、最後の30分くらいで袖山稽古会長が来てくれたので、
最後は4人での稽古となりましたが^^;


〇稽古内容

沖拳投げの試合での応用
負荷をかけてのナイハンチ移動
捕手3種(山城先生来札時の会員稽古で行った捕手)
押し合い(強)
求心力投げ
ナイハンチ突き        etc


この日の稽古の前半は2人での稽古だったため、
いつものように立ち方、移動の稽古から入りませんでした。
会員の澁谷が古巣の合気道の流派の納会で試合に出るとのことで、
「普段の沖縄拳法の投げを試合で活かしたい」とのリクエスト。

まずは彼の流派のルールチェックです。
武術の想定する戦い、とは本来禁じ手のない殺し合いでしょうが、
現代では限られたルールの中で実力を競い合うことも大切な稽古です。
ルールの中でやっていいこと、やってはいけないことをしっかり確認し、
できることの中で沖縄拳法の投げを活かすことを考えてみました。

彼の流派のルールは打撃と投げを織り交ぜて勝負するには
とても良いルールのようでした。
ただ打撃のコースが限られているので、誘いを使ってさらに打撃のコースを制限し、
相手の打撃を狙った場所に誘ってカウンターを取り、
組ついてから投げる方法を考えてみました。
相手の出掛かりをとらえて入身し、相手の攻撃を受けた手から
相手に接触して相手をコントロールしながら相手に密着します。
密着して接触面を増やしたら接触面を変えずに自分と相手の位置を入れ替えて相手を投げます。
沖縄拳法では橋架け投げと言ったりします。
最初は入身をせず、はじめから密着した姿勢で投げる練習から。
相手をつかんだり押したり引っ張ったり、腰に乗せたりして投げようとすると、
どうしても相手はその力を察知して抵抗しようとしてきます。
そこでつかみも押しも引っ張りも腰に乗せもせず、
相手と接触しているところを変化させずにそれ以外のところを
変化させて相手に崩れを察知させないことが大切です。
ある程度接触感をコントロールできるようになったら、
今度は離れたところから踏み込んで相手に接触して投げる練習。
さらに最後は相手が打撃の間合いで攻撃を仕掛けてくるところに
踏み込んで接触して投げる練習。
という風に徐々に要素を増やして稽古してみました。
途中澁谷の古巣の先輩でもある菊川も来てくれたので、
3人で人を変えながら目慣らし程度の組手の中で打撃に合わせて入って投げる。

15400909_1222503567842379_6279733325967238084_n.jpg

最後の方はなかなかいい感じになりました!
そうしているうちに袖山稽古会長が到着。
後半は最近袖山や私が自主稽古の中で工夫していることを
お互いに共有することになりました。
澁谷と菊川は先ほどの続きをやったり背中の鍛えをやったりしていた様子。

袖山と先日の先生にお越しいただいての会員稽古での捕手を。
○○を変えると相手が耐えどころを失う感じがとても面白かった!
これは捕手以外にも押し合いでも同じことが使えて、
相手と自分の力の関係の中ではとても大切な要素なのだと感じました。
私からは最近こだわって稽古している負荷をかけてのナイハンチ移動を。
ナイハンチ立ちをした一方の肩をもう一人に抑えてもらい、
その力に負けずにナイハンチ移動をしていく稽古です。
単にナイハンチ移動をしていくとどうしても相手の押す力に体が負けて
上半身が浮かされる感じになるので、
しっかり上半身と下半身をつないで移動の力をダイレクトに相手に押されているところに
伝えてまとまって移動できるようにします。
最後はお互いの稽古しているナイハンチ突きをミット越しで試しあいました。
私は立ちで作り上げられる体の中の力のつながりを切らさずに手先まで伝えようとしている、
ということを、袖山からは突いた時に体がバランスを取ってしまわないようにするために
気を付けるべきことを、お互いに共有して稽古を終えました!

いつもは初心者も多いために立ち方、移動、基礎鍛錬を順番に行ってから
技の練習に入るので、なかなか技の稽古に時間をさけないときがありますが、
こんな風に人が少ない時に時間を作ってみっちりやってみるのも
良い稽古だなと思いました!

札幌稽古会のホームページです。
http://okikensapporo.web.fc2.com/

体験参加・見学いつでも大歓迎です。
お問い合わせは okiken.sapporo△gmail.com
(※ △を@に変えたアドレス)まで!

よろしくお願いします。
posted by タキ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: