2017年12月26日

2017/12/23 定例稽古―稽古納め―

沖拳会札幌の本田です。
この週末に沖縄拳法札幌稽古会の定例稽古がございましたので、
その様子をお伝えいたします。
この日は本年最後の定例稽古でした。
参加者は私の他一般会員が3名と札幌医大古伝武術研究会の学生3名、
更に一名体験参加の方がいらっしゃって計8名での稽古となりました。
稽古の内容は以下の通り。


〇稽古内容
ナイハンチ移動
セイサン移動
押し合い(強・柔)
背中の鍛え3種
求心力の投げ
ナイハンチ初段


稽古納め+体験参加者と言うことで、本日の稽古も
かなりベーシックな沖拳の基礎稽古中心となりました。
基礎稽古は沖縄拳法の技術の根幹になっていると思いますので、
どれだけやってもやり足りない大切な稽古だと思います。

体験者のMさんは空手の経験があり、
さらにご自身でも色々と研究や工夫をされている方だそうで、
沖拳の稽古に初めて参加されたわけですが
すぐに要領を飲み込まれておりました。
押し合いや背中の鍛えは比較的他の空手の流派では見ることが少ない
独特な稽古だと思っていますが、
これも楽しんでいただけたようです。

投げは本当は求心力と遠心力を両方やるつもりだったのですが、
求心力投げで思った以上に時間を使ってしまうといういつもの展開で^^;
結局求心力投げしか取り組むことができず、
Mさんには最後駆け足でデモンストレーション的に
遠心力や橋掛け投げ、捕手などを体験していただきました。

最後は沖縄拳法のナイハンチ初段を一緒に稽古して終了です。


稽古後に組手稽古も実施しました。
沖縄拳法では、今年会員向けに組手稽古が解禁されましたので、
今後は札幌稽古会でも組手稽古を行っていく予定ですが、
最近熱心に参加して下さる会員さんらは
実は打撃系格闘技や武術をこれまでやったことがないので、
実はこの日が自由組手初体験となりました。

25591793_1631873220238743_278687935989245745_n.jpg

25594002_1631873223572076_2904094742531755755_n.jpg

沖縄拳法の組手は防具付きです。
防具組手は実際に相手と戦うことを考えたときに
様々なことを教えてくれるとても良い稽古法です。
来年からも組手稽古は時々行っていきますが、
会員さんたちにもたくさん稽古と組手経験を積んで、
沖縄拳法の楽しさにさらに触れてもらいたいと思います。

と言うわけで本年の沖縄拳法札幌稽古会の稽古はこれでおしまいです。
大病から回復されたばかりで指導に来てくださった山城先生、
札幌に来て一緒に稽古をしてくださった兄弟弟子の皆さん、会員の皆さん、
体験に来てくださった皆様、一年本当にお世話になりました!
来年も札幌稽古会をよろしくお願い致します!


札幌稽古会のホームページです。
http://okikensapporo.web.fc2.com/

体験参加・見学いつでも大歓迎です。
お問い合わせは okiken.sapporo△gmail.com
(※ △を@に変えたアドレス)まで!
posted by タキ at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。